'."\n";?> 引きこもりの我が子にできること

引きこもり



引きこもりとは

今や日本の大きな問題の1つとなった引きこもり。

家族が心配してやる気や活力を出させる為に色々な事をしても、まったく当人は変わらない・・・

そんな家族の疲労も積み重なると、家庭全体がいやな空気が重くのしかかります。

このような負のスパイラルを生み出す前に、今一度我が子に何ができるのかを考えるきっかけになればと思い、このサイトを立ち上げました。

まずは引きこもりを理解しよう

引きこもりとは様々な定義があるが、「長期間に渡って社会参加していない状態」で、例えば自分の部屋から一歩も出ようとしない登校拒否やニートなどの状態の事を指します。

戦後、高度成長期以後の日本の社会問題のひとつになるほど一般的に広まっています。

「引きこもり」は戦後直後に比べ「引きこもり」を養える裕福な家庭が増えたことが主な原因と言われてます。

引きこもりとは、人がある程度狭い生活空間の中に退避し、社会生活の場や一般的な人間関係が長期にわたり失われてしまっている状態を指し、具体的には、自分の部屋でほとんどの時間を過ごし、学校や会社には行かない状態、あるいはそのような状態に陥っている人のことを言います。

> まず我が子が引きこもりである事を親が認め受け入れる事が重要

ひきこもりの原因

そもそも、ひきこもりは何が原因で起こるのでしょうか。

ひきこもりの原因は数え切れないほどたくさんあり、複数の要因が複雑に絡み合っているケースも少なくありません。以下に、代表的なひきこもりの原因を列記してみました。


・学校や会社でのいじめがきっかけとなった、肉体的・精神的苦痛からの逃避を目的としたひきこもり
・反抗期などの不登校が日常化、長期化した結果としてのひきこもり
・内向的な性格が原因で友人や恋人といった人間関係が構築できずに孤立し、引きこもる
・自分の目的が見つけられず、具体的な行動を起こさない
・容姿や性格に対するコンプレックスが原因で、外出に恐怖を覚える
・会社や学校になじめず、周囲と隔絶してしまい身動きが取れなくなる
・うつ病などの精神疾患が原因となり、外出や他者との接触ができず引きこもる
・命に関わるような心的外傷が原因となり、恐怖感から外出や他者との接触ができない
・家族からの虐待が原因で引きこもる
・家族からの過干渉のために自分の感情を出せないまま成長してしまい引きこもる


ここに上げたのはあくまでも一例で、ひきこもりの原因となる要素は無数にあると言えるでしょう。

また、この要素があるから確実に100パーセントひきこもりになるとも言い切れません。

ここで注目すべきは、ひきこもりの原因は当人だけでなく家族にもひきこもりの原因があることです。当人だけでなく、その周囲にも目を向けるべきでしょう。

私のひきこもりの我が子にできること体験記